闇金の取り立て、恐るるに足らず!

闇金の取り立ての特徴は何と言っても、法律に触れていることです。ですから、闇金の取り立ての対策としては、まず何より借金の取り立てに関する法律をよく知ることです。


貸金業法および金融庁のガイドライン、弁護士法などに借金の取り立てに関する規定があります。その概要を知るだけで、あなたが闇金から受けている取り立てが、違法かどうか判断する、大きな助けとなるでしょう。


では具体的に、金融庁のガイドラインに示されている取り立ての禁止行為を見て行きましょう。


①暴力的な態度をとること

②大声をあげたり、乱暴な言葉を使ったりすること

③多人数で債務者等の居宅に押しかけること

④保険金による債務の弁済を強要又は示唆するような言動を行うこと

⑤午後9時以降午前8時までの時間帯に、債務者に電話をかけたり、居宅を訪問すること

⑥正当な理由がないのに、債務者の勤務先に電話をかけたり、訪問すること

⑦はり紙等で、債務者の借入れに関する事実を債務者以外の者に明らかにすること

⑧他の貸金業者から借入れて返済するよう迫ること

⑨債務者・保証人以外の者に対し、債務者に代わって債務を弁済することをみだりに要求すること

⑩弁護士・司法書士に債務整理を依頼しその旨の通知をうけているのに、それを無視して返済をするよう迫ること


・・・どうでしょうか?あなたが闇金から受けている取り立ては、これらの禁止行為に入っていませんか?露骨にこれらに当てはまる場合は、むしろラッキーかも。警察や金融庁、裁判所などに申し立てれば、法的に絶対に勝てますから。


しかし、最近の闇金もバカではありませんから、上記の禁止行為ギリギリのラインでネチネチと借金の取り立てを行うケースも増えているようです。


何をするでもなく、自宅周辺をうろつくとか・・・。声をかけてくるにしても、柔和に挨拶するだけとか・・・。


そういう巧みな闇金の取り立てと戦う場合は、できれば弁護士に協力を依頼したいところです。借金の取り立てにあっているくらいですから、お金がないことは重々承知していますが、法テラスなどで法律扶助を受けることもできますし、各自治体や弁護士会などの無料相談を活用するのも手です。


借金を抱えた人は、その悩みも自分の内に秘め、一人で頑張ってしまう人が多く、それがかえってドロ沼を招いているケースがあります。闇金の違法な取り立てに苦しんでいるなら、警察や行政機関、裁判所、各種団体など、相談窓口はたくさんありますから、ぜひ有効活用していただきたいと思います。


  

応援よろしくお願いします。 → 

管理人「たかぽん」が運営しているサイト

借金問題に強い弁護士・司法書士
全国対応・初期費用無料・費用分割可能な弁護士・司法書士を厳選して紹介しています。
おまとめローン比較サイト
おまとめローンを利用すれば、月々の返済額が減るだけでなく、使い切っていた融資枠が復活しますよ!
ネット副業で月7万円以上稼いでいます。報酬の証拠画像あり。
債務整理するにしろ、おまとめローンを利用するにしろ、収入を増やしておかないと、また借金に頼らざるを得なくなりませんか?私が実践して、成果を上げている方法をご紹介します。

サイト内関連記事

借金の取り立て方法の違法性をチェックするには?
借金の取り立て方法には色々ありますが、自分が受けている取り立ての方法が違法なのか......
借金の取り立て時間には規制がある。
借金の取り立て時間に法律的な規制があることをご存知ですか? 貸金業法および金融庁......
借金の取り立て代行について知っておくべきこととは?
 借金の取り立て代行について、ぜひ知っておいて頂きたいことがあります。 あなたが......
借金の取り立てが違法だった時の対処法とは?
 借金の取り立てで何が違法にあたるかは、別の記事内で何度か触れていますので、その......
借金の取り 立てで差押をするための、キビシイ条件とは?
借金の取り立てにおいて、差押えというのはお金を貸した側にとっては、お金を回収する......
借金の取り立てには弁護士を介入させるとラク。
 借金の取り立てには、弁護士を介入させることをお勧めしておきます。これはあなたが......

検索されたキーワード


  • SEO
  • loading
  • 借金取り立て

  • seo

▲このページのトップへ

HOME


SEO